住宅の種類

家族が一緒に住む住宅の種類にはさまざまものがあります。
住宅の種類はまず賃貸か購入かに分けることが可能です。
賃貸住宅というのは、契約年数を決めた上で月々の家賃を支払っていくレンタル住宅のことです。
逆に購入した住宅には契約期間はありません。
自分で購入したものなので、月々の家賃を支払う必要はありません。
ですが、物件を購入するとなると多額の費用が発生します。
実費で住宅を購入する人はほとんどいないため、基本的にはローンを組みます。
ローンの返済期間は長くて数十年にもなります。
その数十年の返済期間が終了するまで、家賃の代わりとして月々返済していく必要があります。

また、住宅の形態に関しても種類があります。
大きくわけると集合住宅であるマンションか、独立した建物である一戸建てかになります。
このような物件の中から、家族のライフスタイルに合った住宅を選択する必要があります。